税理士の選び方

顧問税理士を替える際に気を付けたいこと

困った時は大田区 税理士←このサイト。
親の代から見て貰っていた顧問税理士を替えたいという、2〜3代目中小企業経営者の悩みは多いようです。
年齢がかけ離れていて、話をしづらく、相談にも乗って貰えないというのがその理由です。
顧問税理士変更は簡単なようで、実は面倒な問題を内包しています。
いざ顧問弁護士を替えると、その際に顧問料を下げたりした場合、
ダンピングしたということで、以前の税理士から税理士会で問題にされる事があります。
また、解雇に立腹した前の税理士が、税務署にたれ込みを行ったという話も多いようです。
解雇する際は、怨恨を残さないようにすることが大切です。
よくある解雇の手法が、他人をダシに使った方法です。
親戚の息子が税理士になって断り切れなかったといった言い訳を使って、
その際に今までのお礼としていくらかの金額を渡せば、
ほとんどの税理士は納得して手を引いてくれます。
それでも駄目な場合は、地元の税理士会の支部長に嘆願書を出すと良いかもしれません。
事を公にすることで、少なくとも税務署にたれ込みをされるような事態は防ぐことが出来ます。